究極の若返り化粧品ランキング

ふっくらツヤツヤ肌になれる若返り効果バツグンな化粧品セレクション

第一位

プレミアムエッセンス/トワエッセ

トワエッセ・プレミアムエッセンスの画像乾燥じわ:★★★★★
表情じわ:★★★★
たるみ:★★★★★
ほうれい線:★★★★★

6,480円/20ml
(定期コース初回1,980円)※税抜

詳細情報をチェックする

第二位

パワーモイスチャー/オラクル

パワーモイスチャーの画像乾燥じわ:★★★★
表情じわ:★★★
たるみ:★★★★★
ほうれい線:★★★★★

7,000円/35ml ※税抜

詳細情報をチェックする

第三位

ヴィジョネアセラム/ランコム

ヴィジョネアセラムの画像乾燥じわ:★★★
表情じわ:★★★★
たるみ:★★★★★
ほうれい線:★★★★

10,000円/30ml ※税抜

詳細情報をチェックする

HOME » エイジレス肌をつくるための若返りスキンケアなび » 肌老化の原因とは

肌老化の原因とは

ここでは、肌を老化させる原因となる紫外線や乾燥、酸化や糖化などについて詳しく解説していきます。

肌を老化させる4大原因とは

一口で肌の老化といっても、実際は様々な要因が重なり合っているもの。
中でも最近特に注目をされている4つの原因を、それぞれ紹介いたします。

光老化

紫外線はほんの短時間浴びるだけでも肌にダメージをもたらします。
この紫外線を長年浴び続けることで、シワやたるみ、シミなどを引き起こしているのです。この現象を「光老化」といいます。

紫外線のUV-Aは肌の真皮層まで届き、肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンを壊して肌の弾力を奪います。
一方でUV-Bは、肌の表面にあるメラニン細胞を活性化させて大量のメラニンを作り、肌を日焼けさせてシミや皮膚がんの原因となるのです。

この老化現象は、日々少しずつ進行していくので実感しにくいかもしれませんが、
顔や手の皮膚はシミやシワができやすいのに比べて、おなかやおしりなどのほとんど紫外線に当たらない部分は
歳をとっても若いころとそう変わらない状態ですよね。

このことを見ても、紫外線が肌に与えるダメージの大きさが容易に理解できます。

細胞の酸化

食品や金属、油など、物質は長時間空気にさらされていると酸化してダメージを受けます。
例えば、リンゴを切って置いておくと表面が茶色く変色していきますね。これと同じことが私達の細胞でも起こっているのです。

私達は呼吸で酸素を体に取り込みますが、実はこの酸素の一部が変化して「活性酸素」となります。
活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させるのですが、
これが原因で真皮のコラーゲンなどが硬くなり皮膚が弾力を失うことで肌老化が進んでしまいます。

そして、活性酸素が発生しやすくなる環境や原因というのが、
ストレス・紫外線にあたること・喫煙・脂質や添加物の多い食生活・大気汚染と言われています。

私達を取り巻く現代の生活環境は、とても活性酸素が発生しやすくなっていると言えるのです。

肌の乾燥

女性の肌は20歳を境にだんだん乾燥しやすくなっていきます。
それは、角質の潤いを保っている保湿成分が年齢と共に減少してしまうことが大きな原因だからです。
私達の肌には、天然保湿因子(NMF)・皮脂・角質細胞間脂質の3つが備わっており、これらの働きで皮膚は角質層で潤いを保っています。

若いうちは空気が乾燥していても、これら3つの成分の働きが活発なので肌の潤いをキープできるのですが、
20歳を過ぎて女性ホルモンの分泌力が変化してくると、皮膚の皮脂線の分泌量も大幅に減少しはじめます。

そうすると肌が作り出す“天然の保湿クリーム”が作られなくなります
そして、保水力の弱った肌が乾燥した空気にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり隙間ができます。
この隙間を通って表皮の水分がどんどん蒸発していき、結果として表皮が薄く硬くなってシワを発生させるのです。

肌の糖化

糖化というのは、私達の体内にあるタンパク質に糖が結びつくことによって「糖化生成物(AGEs)」という物質が作り出されることをいいます。
パンを焼いた時に表面が茶色く焦げて硬くなる現象と同じです。

肌の場合は、肌の弾力をキープするための“バネ”が固くなり柔軟性がなくなっていき、肌のたるみが引き起こされます。
また、糖化生成物(AGEs)は褐色なので、肌を黄色くくすませて老けた印象にしてしまいます。

しかも、一度作られた糖化生成物は体内で分解されずに蓄積され続けます。
ターンオーバーが正常であれば蓄積されずに体外に排出されるのですが、加齢や運動不足などで新陳代謝が下がっていると、
体内に糖化生成物が残ってゆっくりと糖化が進み、肌のたるみやくすみを助長していくのです。

糖化のケアについては、スキンケアだけでなく軽い運動などを行うことで基礎代謝をあげるように心がけることも大切です。

 

マイナス10歳肌になれる若返り化粧品カタログ

年齢肌を撃退するための正しいスキンケア方法

エイジレス肌をつくるための若返りスキンケアなび